乳首にニベアは効果あり?ニベアは乳首をピンク色にできる?!

ちくびにニベアは効果あり?ニベアはちくびをピンク色にできる?!

黒ずみ

 

ちくびのピンクにしたい女性は、普段のケアはどうしていますか?

 

生まれつきや遺伝だから、色黒や黒ずみは仕方がないと諦めるのはまだ早いです。

 

そもそも、ちくびの黒ずみの原因はメラニン色素です。

 

このメラニン色素は、外界の刺激から真皮を保護し守るために生成される色素のことで、身体の中でも皮膚がとりわけ薄い部分に多く生成されます。

 

デリケートゾーンやちくびなどもその1つでしょう。表皮が乾燥していると、外部からの刺激に弱くなり、メラニン色素が増えやすいことも明らかにされています。

 

通常は、肌のターンオーバーで、メラニン色素を含んだ古い角質が取れていきますが、新陳代謝が悪いは、いつまでも皮膚に黒ずみが残ります。

 

では、ちくびの黒ずみを解消してピンク色にするには、どのケアをするのが良いのでしょうか。

 

 

万能クリームとして注目されているニベア。

 

実際にニベアを使っている方は、使用していない時期に比べて、少し改善されというかたもいます。

 

カサツキやすいちくびに水分と油分を与えることで、キメが整い、その結果、刺激によるメラニン色素の生成を抑えられたということが考えられます。

 

水分の蒸発が抑えられると、刺激に対するバリア機能が高まることは明らかです。

 

しかしながら、黒かったちくびを完全にピンク色にするのは難しいのです。

 

ニベアに期待できる効果といえば、潤いを与え、キメを整え、乾燥から守り、ちくびを保護し、メラニンの発生を少しでも抑えるといったことでしょう。

 

ご存じのとおり、ニベアには、特定の美白成分は入っておらず、水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリンが主成分です。その他に、スクワラン、ホホバ油などの、肌の潤いを満たす成分が含まれています。

 

こういったことから、ちくびのカサツキやザラツキなどはニベアによってある程度は解消できても、直接的な美白効果はありません。

 

ニベアがちくびの黒ずみをとってちくびをピンク色にするという噂は都市伝説なんです。

 

もし本当なら百年もの歴史のあるニベアです。

 

とっくにちくびの黒ずみを解消します!ちくびをピンク色にすると、はっきりと宣伝するはずです。

 

 

今は、ちくびをピンク色にするクリームが人気です。

 

ちくびをピンク色にするクリームは、メラニン色素を抑える美白成分入り保湿もできます。

 

そして厚生労働省が認めた医薬部外品なので効果があり安心して使えます。

 

ちくびをピンク色にしたいと思うならば、特定の成分が配合されているちくびをピンク色にするクリームを使ってくださいね。

 

ネット通販では、ちくびをピンク色にするクリームが多く販売されています。

 

ドラッグストアなどにある美白化粧品も、ちくびの黒ずみにはある程度の効果を発揮すると言えますが、顔の皮膚に比べ、ちくびの皮膚は薄くデリケートです。

 

成分によっては、赤味がでたり、しみてしまうことがありますので、安全な肌に優しい成分で、刺激がないちくびをピンク色にするクリームをおすすめです。

乳首をピンク色にする