妊娠や出産に伴うちくびの黒ずみの予防法

妊娠や出産に伴うちくびの黒ずみの予防法

ちくびピンク

 

女性の体は、妊娠や出産に伴い大きく変化していきますが、特にちくびの色が濃くなって黒ずんでしまうことが多くの女性に見られます。

 

これは、妊娠によって女性ホルモンの分泌が活発となり、皮膚の中でメラニン色素を生産するメラノサイトが刺激されることによる原因です。

 

メラニン色素は皮膚を強くする働きがあるので、赤ちゃんがちくびを強く吸っても大丈夫なようにちくびが特に黒ずんでしまうのともいわれてます。

 

そこで妊娠や出産に伴うちくびの黒ずみを予防法についてご紹介します。

 

葉酸やビタミンの摂取

 

肌のターンオーバーを促すビタミンである葉酸をしっかりと補給することにより、ちくびの黒ずみを事前に防ぐ効果が期待できます。

 

またビタミンCやビタミンE、ベータカロテンや肌の材料となる良質なたんぱく質もしっかりと摂取することが大切です。

 

これらの栄養素によってターンオーバーは活発となりますが、メラニンの蓄積が始まってからスタートしては間に合いません。

 

そのため、妊活中から食生活を整えておくことが大切になります。もちろん妊娠中や授乳期にも継続していくとよいでしょう。

 

これらの栄養素には美白効果も期待できるメリットもあります。

 

身体に合った下着選び

 

身体に合ったサイズの下着を着用しないと、下着がずれてちくびと下着が摩擦してしまい、摩擦によってちくびは黒ずんでしまいます。

 

妊娠や出産に伴い、その時々の胸のサイズは変化していきます。

 

胸のサイズよりも小さい下着を着用していると、ちくびが圧迫されてしまい、また胸のサイズよりも大きい下着を着用していると、下着がちくびに擦れてしまうことから、ちくびは黒ずんでしまいます。

 

身体にフィットした下着を選んで着用するだけでも、ちくびの黒ずみは予防できます。

 

また、下着のサイズと同時に下着の素材にも注意するとよいでしょう。

 

オススメの素材は綿の素材で作られている下着です。

 

ポリエステルや化学繊維のものは、綿素材と違ってポリエステルは肌に強く刺激を与えやすいので、黒ずみの原因となります。

 

以上のような予防方法を実践することにより、ちくびの黒ずみを防ぐ効果が期待できます。

 

ちくびが黒ずんでしまっても、ちくびを他人に見せる機会ははほとんどありませんが、自分自身の体のコンプレックスになってしまうと、メンタルの部分においてマイナスとなり、自分の体全体に対しての自信をなくしてしまいます。

 

ちくびの色は、女性にとってはとてもデリケートな問題であり、ちくびの黒ずみや色に悩んでいる女性は多くいるのではないでしょうか。

 

デリケートな悩みだからこそ、他人には相談しずらい問題といえます。

 

ちくびの黒ずみ予防を行うことで、少しでもちくびの黒ずみを防ぎ、色の濃さを押さえることができれば、自分の体に対しての美意識もよりいっそう高まるかもしれません。

 

 

乳首をピンク色にする