気になるちくびの黒ずみをセルフケアでピンクにするには?

気になるちくびの黒ずみをセルフケアでピンクにするには?

ちくびピンク

 

顔の肌同様、体の肌にもさまざまな悩みをお持ちの女性は多いのではないかと思います。

 

体の肌には顔以上にデリケートなところも多くあり、皮膚がうすくデリケートなところには黒ずみが生じやすくなってしまいます。

 

黒ずみが気になるところと言えば、ワキの下、デリケートゾーン、ちくびが挙げられますが、中でもちくびの黒ずみでお悩みの方は少なくありません。

 

デリケートなところであるだけに、セルフケアをしようにもトラブルを起こしてしまいかねませんし、人に相談しづらいものです。

 

では、ちくびの黒ずみを自分で改善させるためには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

 

 

最近では美容クリニックでは、ちくびやデリケートゾーンの黒ずみ解消の治療を行っているところが増えています。

 

レーザー治療や効果の高いハイドロキノンなどを配合した薬品などを使用することがほとんどであるため、比較的短期間で効果を得ることができます。

 

しかし、肌の弱い方には負担が大きいケア方法です。

 

そのような場合は、自宅できる専用美容クリームを使用して黒ずみケアを行う方法をおすすめします。

 

黒ずみ専用のボディケアクリームやちくびをピンクにするクリームを購入し、毎日ケアするようにしましょう。

 

この時、配合されている成分としては、プラセンタ配合のクリームをおすすめします。

 

 

 

プラセンタは、生物の胎盤に含まれている栄養成分で、全ての細胞が必要とする栄養素がたっぷりと含まれています。プ

 

ラセンタを摂取すると、細胞の再生能力が高まり、ターンオーバーが促進されます。

 

肌の細胞の奥のメラニン色素が黒ずみの原因であるのですが、ターンオーバーが促進されると、肌が早く新しいものに生まれ変わり、黒ずんでいる色素沈着の部分が剥がれ落ちてくれるのです。

 

また、プラセンタには活性酸素を除去する働きがあるので、肌が黒ずんでしまう原因から除去することができます。

 

プラセンタ配合の黒ずみ専用クリームで毎日ケアを行えば、時間はかかるかもしれませんが、肌への負担も少なく、自宅でセルフケアによるちくびの黒ずみ解消が可能となります。

 

ちくびをピンクにするクリームで毎日ケアを行ったら、それと合わせて身に付ける下着にも気を配りましょう。

 

毎日の下着の締めつけや摩擦が黒ずみの原因でもあるのです。

 

肌に刺激を与えにくい天然素材の柔らかい質感の下着を選んだり、体のサイズをきちんと採寸してきちんとフィットしたものを付けるようにするだけで、毎日のケアの効果が格段に違ってきます。

 

ちくびをピンクにするクリームと下着の見直しで、きれいな色のちくびを手に入れましょう。

乳首をピンク色にする