ちくびの黒ずみにピーリングは効果は?メリット・デメリット

ちくびの黒ずみにピーリングは効果は?メリット・デメリット

ちくびピンク

 

ピーリングは、古い角質を取り除き、肌の生まれ変わりのサイクルであるターンオーバーを促進することで肌のくすみを改善する効果があります。

 

ピーリングは、肌のくすみやニキビ肌の改善に効果的なケアですが、ちくびの黒ずみを解消してピンク色にする効果があるのでしょうか。

 

ピーリングは、ターンオーバーを促進することでメラニンを除去する作用があるので、メラニンによる色素沈着が原因で起こるちくびの黒ずみには効果を期待することができます。

 

メラニンによる色素沈着した角質を落とせるので、少し黒ずみが解消できるメリットがありますが、デメリットもあるということを理解してくださいね。

 

ちくびの黒ずみをピーリングするデメリットは、ピーリング剤は刺激があるものがあります。

 

ちくびは他の肌の部分よりもデリケートなので、使用すると肌荒れや炎症などが起こしやすいで注意してくださいね。

 

使用中にピリピリとした刺激を感じたときは、すぐにピーリング剤を取り除き、使用をやめてください。

 

ちくびはデリケートな部分なので、様子をみながら慎重にケアすることが大切です。

 

ピーリングをした後は、肌が乾燥しやすいので、必ず保湿効果が高いクリームでケアをしてくださいね。

 

ピーリングは、頻繁に行うと逆に肌の状態が悪くなってしまいます。

 

キレイになったからといって頻繁にすると、ちくびがテカテカになり、かえって目立つようになるので、間隔をあけてケアをしてください。

 

ちくびの黒ずみをピーリングするときは、なるべく肌に優しい成分が配合されているピーリング剤を選んでください。

 

リンゴ酸、クエン酸、乳酸など、アルファヒドロキシ酸が含まれている商品がよいでしょう。

 

ピーリング剤の中には、スクラブタイプで擦って角質を落とす商品がありますが、ちくびはデリケートなので、刺激があるピーリング剤で強く擦ると肌トラブルが起こります。

 

スクラブタイプではなく、肌に置くだけで角質を取り除くことができるタイプの商品を選んでくださいね。

 

ちくびの黒ずみにピーリングは、肌に刺激があり肌トラブルの心配があるので、肌が弱い方には特におすすめができません。

 

 

ちくびをピンクにするクリームは、美白効果も高く優しい成分でできているので安心して使用することができます。

 

続けていると黒ずみはどんどん解消されてちくびのキメも整っていきます。

 

ピーリングよりも塗るだけで安全にきれいになる乳首をピンクにするクリームをおすすめします。

乳首をピンク色にする