ジャムウハーバルソープはちくびをピンクにできる?!

ジャムウソープはちくびをピンクにできる?!

ちくびピンク

 

ちくびの色には個人差がありますが、誰しもが若いときよりも色が濃くなってくる傾向にあります。

 

以前はピンク色だったのに、いつのまにか黒ずんでいたという経験は珍しいことではないのです。

 

このちくびの黒ずみは紫外線を浴びたときにメラニンが多く生成されることが大きな原因です。

 

ふつうは適度なメラニンならば自然と排出されるのですが、加齢によって代謝サイクルが衰えてくるとうまく排出されにくくなり結果としてメラニン色素が残ってしまうのです。

 

このほか妊娠や出産などで女性ホルモンのバランスが乱れることや、少しの刺激にも過剰に反応してしまうくらい肌質が弱い人なども色素沈着が起こりやすくなります。

 

そういった気になるちくびの色の変化ですが、適切にケアすることで元のような状態に近づけられます。

 

黒ずんでいるのを見つけると、ついゴシゴシ洗いたくなってしまいますが、強い刺激が加わると改善するどころか悪化するので気をつけてくださいね。

 

大切なのは肌に刺激とならないよう優しく洗うのはもちろんのこと、使用する石鹸の選び方も気を付けなければいけません。

 

それを可能にしてくれるのが植物性由来の成分をふんだんに配合し、刺激となりうる化学成分を排除して作られたジャムウソープです。

 

黒ずみやにおいなど誰にも相談できない悩みを抱えている女性が、内緒で使用しながら悩みを解決できるとして口コミなどでも広がり、発売以来ずっと愛されている商品です。

 

ジャムウソープのちくびの黒ずみの改善効果は、ちくびの古い角質による黒ずみを洗い流すこと。

 

すぐに期待できるものではなくとも、使い続けることで実感します。

 

配合されている消臭成分や抗菌成分によってにおいが減少してきたことはすぐに分かるのですが、黒ずみの場合は美白成分が入っていないのでわかりにくいかもしれません。

 

ちくびの黒ずみが目立ってきてから日数があまり経っていない人は数日~2,3ヶ月ほどで色が明るくなってきたのを実感することがありますが、たいていは代謝サイクルが整い黒ずみが薄くなっていくまでには半年くらいかかります。

 

ジャムウソープの使い方はモコモコの泡をつくって肌にのせる方法をおすすめとしています。

 

取り除けなくて残ったままの古い角質や不必要な老廃物などは代謝の妨げになるばかりでなく、より黒ずみを目立たせる原因となってしまいますが、これらを落としてスッキリさせることができるのです。

 

肌をこする感じになるとはいえ、優しく扱えばダメージとなることはないですし、保湿成分も配合されているため肌が乾燥するなどトラブルを引き起こす心配はありません。

 

気になる黒ずみが目立たなくなるまでには根気が必要ですが、肌を守りながら見た目を改善していくには効果的な方法なのです。

 

ちくびをピンク色にするには、ジャムウソープだけではできませんが、ちくびをピンクにするクリームと一緒に使うとより効果が期待できます。

 

乳首をピンク色にする